毎日シャンプーをしていますか?

お客様にお伺いすると、ほとんどの方は毎日シャンプーしている!
と言われます。

しかしお客様によくよくお話を聞いてみると意外とちゃんとシャンプーができていなかったり、間違えたシャンプーの仕方をしているお客様がたくさんいました。

シャンプーの仕方や頭皮環境が悪くて、抜け毛が増え、薄毛へと進行する事も少なくはありません!

日頃の正しいお手入れが
健康的な頭皮環境と健やかな毛髪を育てます。

シャンプーの仕方

1.ブラッシング

地肌を傷つけないように、できればブラッシング用のブラシを使用しましょう。

ブラッシングをすると汚れが浮き出て落としやすくなり、また、地肌から天然のオイルも分泌してくれます。そうすることにより余分な汚れは浮き出して、頭皮は油を取りすぎる事無く洗えます。血行促進にもなるので一石三鳥ですね。

しかしスタイリング剤などを使用している場合は引っ張らないように、ゆっくりと毛先からとかしましょう。

2.与洗い・全体が濡れるようにお湯で髪をゆすぐ。

地肌にお湯を溜めながら洗います。
温度は38度~40度位がちょうど良いでしょう。
あまり温度が熱すぎると油を落としすぎるので要注意!

お肌も温度の高いお湯で洗顔すると、パッサパッサになりますよね。

3.シャンプーを手に取り頭の上で泡立てる。

スタイリング剤を使っている方は一度軽く流して2回目にしっかりシャンプーをするようにして下さい。

頭皮に爪を立てないように指の腹を使って、頭皮をしっかりマッサージするように洗う。絶対に髪の毛どうしをこすらない、摩擦により毛がすごく傷みます。あくまでも頭皮を洗って下さい。

シャンプーとは頭皮を洗うものです。髪の毛の汚れは流れる泡で十分に落ちます。

4.よく洗い流します。

洗面器の方は桶10杯程度。桶に頭を入れて泡を十分に流して下さい。シャワーの方は5分程度しっかりと頭皮を洗い流します。

シャンプー剤が頭皮に残らないようにする事が頭皮環境にとって重要なポイントです。

5.リンス、トリートメント

どちらもしている方はシャンプー→トリートメント→リンスの順番です。
髪の毛のダメージによって使い分けて下さい。

ここでも一番重要なのがトリートメントを頭皮につないという事。

髪の毛の部分だけに使って下さい。頭皮にトリートメントは必要ありません。

6.タオルドライ

ここでも髪の毛をこすらず頭皮を拭いて下さい。

7.ドライヤーは必ず

ドライヤーが面倒な人も頭皮だけは乾かして!蒸れて雑菌がわいたり臭いの原因になります。